本文へ移動

救急外来センター

日髙病院 救急外来センター

概要

日高病院 救急外来センターの使命は次のとおりです。

・ 高品質の医療を24時間、365日提供すること

・ 研修医、専攻医、医学生、若手看護師に対する十分な教育環境を提供し、次世代の医療リーダーを育てること

・ 救急医療や公衆衛生領域における様々な臨床研究を展開すること

・ 地域医療に貢献すること

 

 2022年4月から、主として外科系救急担当の救急専従医1名と、主として内科系救急担当の総合診療内科医師を中心に、院内各専門

診療科の協力のもとに救急外来センターでの診療を行っています。約30名の看護師、看護助手が救急外来センターに所属し、診療

および診療補助に参加しています。

教育も日高病院 救急外来センターの中心的なミッションのひとつです。センター所属のスタッフたちが、医学生、研修医、専攻医、

上級医、看護師などの院内職員の教育を担当しています。さらに、救急救命士や院外看護学生などの現場実習にも協力しています。

さらに、臨床研究、特に救急診療を通して診療した経験症例に関して、積極的に学会発表や論文発表などに取り組んでいます。


先輩看護師より

先輩看護師より

 私たち日高病院 救急外来センターでは、高崎・安中医療圏を中心とした救急患者さんを幅広く受け入れています。各科の医師と連携し、救急患者さんへのより迅速な対応を目指し、安全と優しさを心に、患者さんから信頼され満足していただける医療が提供できるよう日々努力しています。一方、救急部門としては珍しく、職場の雰囲気はとても穏やかで安心感があります。助け合いのできる多くの仲間とone heartで頑張っています。ぜひ、私たちと一緒にお仕事してみませんか。

スタッフ紹介

センター長: 中島重良(救急科部長)

副センター長:大高行博(総合診療内科副部長)

看護師長:相川 美絵

看護主任:後藤裕貴

看護副主任:上野勝 光山直美 

看護師:27名(一般外来兼務)

看護助手:1名

2022年5月1日現在

研修施設認定など

 日高病院 救急外来センターが独自に取得している施設認定・基準などはありませんが、当院が有する教育・研修施設認定の維持

 のため、救急診療の経験と教育の機会を提供しています。

 

・ 日本内科学会認定教育施設

・ 日本専門医機構内科専門研修プログラム研修基幹病院(新制度)

・ 日本専門医機構総合診療専門研修プログラム研修基幹病院(新制度)

 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
Copyright© 医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る