本文へ移動

理事長より

2022年4月1日より医療法人社団日高会の理事長に就任致しました安藤哲郎です。

医療法人社団日高会は、安藤義孝前理事長が昭和53年に当会を設立して以来、「患者様の満足を第一に考え、質の高い医療を提供する」の理念のもと、日高病院を中心として群馬県内に5つの医療機関(平成日高クリニック、日高リハビリテーション病院、富岡クリニック、白根クリニック)を運営しております。

全世界的にコロナウィルス蔓延による大きな変化の最中ではございますが、日高会は各医療機関においてコロナウィルス治療を全力で行っております。今後も地域住民の皆様の健康と安心のため、高崎市および群馬県、医師会の先生方と連携し、ワクチン接種、発熱外来、および感染者入院治療に努力してまいります。

日高病院では地域医療支援病院として地域住民の皆様および医療機関の先生方に信頼され、満足していただけるよう日々邁進しております。腎臓移植を含めた充実した腎臓病治療チームのほか、総合診療内科、糖尿病、循環器、外科、整形外科、眼科、脳外科、放射線治療、ロボット手術可能な泌尿器科など各科において先進の医療機器と医療技術、そして患者様の満足を第一とする精神をもって誠心誠意の対応をさせていただきます。また急性期医療のみならずリハビリテーションを中心とした回復期医療においても地域に貢献する体制を整えております。

日高病院と隣接している平成日高クリニックは、外来部門および外来透析を担うべく平成15年に日高病院から分離して設立いたしました。特に透析医療においては、全国有数の規模と技術、40年の歴史があり、最先端の医療と満足を提供できるよう努力しております。

日高リハビリテーション病院は平成12年に設立し、104床の許可病床を有しております。高崎市および群馬県南部のリハビリテーション、透析医療を含む腎臓病治療を支えております。

富岡クリニック、白根リニックはそれぞれ富岡地区、沼田地区の透析医療の中心を担えるよう頑張っております。日高会で培った充実した透析技術を地域の皆様に提供できますよう全力で取り組んでおります。

今後も日高会は地域の医療機関および施設の皆様と連携を図り、患者様の満足を第一に考え、安心で安全な医療の提供に努めてまいります。ご指導のほどよろしくお願い致します。


医療法人社団日高会
理事長 安藤 哲郎
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
Copyright© 医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る