本文へ移動

医療機関の方へ

患者さんを紹介してくださる先生方へ

緊急患者の受け入れについて

狭心症発作(急性冠症候群)、肺水腫を伴う心不全、肺梗塞の疑い、急性動脈閉塞など。心臓専門の常勤麻酔医が欠員のため、緊急手術には対応しておりません。

緊急ではないが入院治療が必要な場合について

深部静脈血栓症(急性期)
できるだけ早く血栓溶解療法を開始すれば、高い再開通率が期待できます。また、骨盤内の静脈血栓症では肺血栓塞栓症の危険性があるため、静脈フィルターを挿入する場合もあります。

通常の外来紹介について

  • 他院で心臓血管手術を受けた方のフォロー
  • 手術前の循環器系の評価
  • 狭心症、弁膜症、大動脈瘤(腹部含む)、閉塞性動脈硬化症等の静脈疾患の診断・治療
 
※透析患者のシャントトラブルについては、当院の腎不全科にて対応しております。

緊急時の連絡方法

昼間帯
(9:00~17:00)
病診連携室までご連絡ください。
電話(病診連携室) 027-362-6201
夜間、外来休診日
事務当直へご連絡ください。
電話(病診連携室) 027-362-6201

心臓血管CT検査(MDCT)を依頼される場合

予約方法:病診連携室を通してご予約ください。
下記のいずれかが該当する場合は、ハートセンター外来を受診させてください。
 
(1)血性心疾患の既往(心筋梗塞後、冠動脈バイパス後、冠ステント後など)
(2)腎機能障害
(3)糖尿病の長い病歴:冠動脈に石灰化が強い場合は心臓CTの適応はありません。
    単純胸部CT検査を行い冠動脈の石灰化の程度を評価した後に心臓CTの適応を判断します。
(4)胸部レントゲンで心胸郭比が60%以上:良い画像を得る為に心臓CT検査時の心拍数を50bpm台まで
    下げるようにβ遮断剤を投与します。気篤な低心機能が隠れていることもありますので、心エコー後に
    心臓CTの適応を判断します。
 
上記(1)~(4)のいずれも該当しない場合は、通常の造影CT(腹部や頭部の造影検査)と同等のリスクで検査が可能です。なお紹介前に次の項目をチェックし、診療情報提供書にご記入ください。

チェック項目

・造影剤検査既往の有無 〔有・無〕
・造影剤による副作用の有無 〔有・無〕
・気管支喘息(本人・家族)の有無 〔有・無〕
・アレルギー体質(本人・家族)の有無 〔有・無〕
・腎機能障害の有無 〔有・無〕
・最新のクレアチニン値 (    )g/dl
・最新のカリウム値 (    )mEq/L
・心拡大(CTR>60%)の有無 〔有・無〕
・冠動脈造影検査の有無 〔有・無〕
・冠カテーテル治療(ステント植え込み)の有無 〔有・無〕
・β遮断剤の内服の有無 〔有・無〕
・ACEβ阻害剤の内服の有無 〔有・無〕
・ARB内服の有無 〔有・無〕
・ピグアナイド経口DM剤の内服の有無 〔有・無〕
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る