本文へ移動

温熱療法

温熱療法(ハイパーサーミア)について

がん組織が正常細胞に比べ熱に弱く、42℃以上で死滅することを利用したがん組織に熱を与える治療法です。がん組織に熱が加わることで、それ自体でがん細胞が死滅したり、自己の免疫反応が誘導されたり、がん細胞に変化を起こさせて他の治療(手術、放射線療法、化学療法、免疫細胞療法)と組み合わせることにより、治療効果を増強させることが期待できます。

温熱療法(ハイパーサーミア)の特徴

  • 治療部位は、首から下の全ての部位に適用可能です。
  • 局所治療なので、全身への負担がなく外来治療が可能です。
  • 他の治療との併用では相乗効果(治療効果の増強)が期待できます。
  • 局所治療なので、全身への負担がなく外来治療が可能です。
  • 副作用がほとんどありません。
  • 健康保険が適用されます。

以下のような場合は温熱療法が出来ません。

  • ペースメーカーを使用中の方
  • 加熱部位に金属(人工関節、ステントなど)が埋め込まれている場合
  • 加熱部位に人工肛門などがあり、電極を密着させることが出来ない場合
  • 妊娠中
  • 全身状態が不良の方
  • 治療姿勢(仰向け、またはうつ伏せ)がとれない方

不得意な病変

 治療効果を得るためには、病変を42度以上に加熱する必要があるため、病気の状態によっては十分な加熱が出来ないことがあります。
白血病などの血液のがんは加熱できず治療対象外です。
血流が豊富な肝臓などの臓器の中にある小さな病変、肺の空気の中にある小さな病変、腹水が大量にある状況での腹部の病変などでは制御に必要なだけの加温が出来ないことが多いです。

温熱療法(ハイパーサーミア)の流れ

1.診察
紹介状・問診・診察で温熱療法による治療が適切かどうか判断します。他の治療法との併用等も検討します。追加の検査をおこなう場合があります。 治療可能な場合はスケジュール等の説明をさせていただきます。
2.治療
原則予約制で週1回の治療で、治療時間は約60分です。
期間・回数は疾患によって異なります。
3.効果の確認
CT・MRI・PET-CT等の検査で効果の確認を行います。
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る