本文へ移動

放射線療法

放射線治療について

がん細胞は正常の細胞と比べ、放射線によるダメージに弱く修復されにくい性質があります。トモセラピーはこの性質を利用して、体の外から放射線を照射し治療します。放射線治療はさまざまな目的で行われます。トモセラピーでは、がんを完治させるための根治的照射のほか、手術の後の再発を予防する目的で行う術後照射、縮小手術を目的とした術前放射線治療、痛みやしびれ、出血などを和らげる目的で行う緩和的照射というように、がんの状況にあわせて治療を行うことが出来ます。毎回の治療では痛みを感じることもありません。体に優しい治療なので、高齢な方であっても放射線治療は可能です。

トモセラピー・ラディザクト(TomoTherapy Radixact)について

トモセラピーは、高精度放射線治療のひとつである強度変調放射線治療(IMRT)を行うために開発された治療装置です。ドーナツ状のガントリー内で小型のリニアック(放射線照射装置)が360度回転し、同時に寝台がゆっくりとスライド移動することで、トモセラピーに特徴的な「らせん(ヘリカル)照射」が行われます。また、ビームの照射口では、マルチリーフコリメータと呼ばれる部分が高速開閉し、ビームの形状や線量強度を細かく変化させます。これらの複雑な照射は、放射線腫瘍医と医学物理士によって作成された「放射線治療計画」に基づいて、コンピュータ制御で行われます。このトモセラピーの照射技術によって、いびつな形状の病巣であっても、隣接する正常組織を避けて、病巣の形に合わせた集中的な照射を行うことが可能です。寝台が移動しながら連続照射するため、複数の病巣や広い治療範囲であっても一度に治療することが出来ます。また、毎回治療直前に、トモセラピーに搭載されたCTを用いて位置照合(画像誘導放射線治療;IGRT)を行います。「放射線治療計画」と毎回の照射の誤差を最小限にし、ミリ単位の高精度治療を可能にします。病巣に精度良く高線量を照射することで高い治療効果が期待でき、正常組織の照射線量を低減することで、副作用の少ない治療を行うことが出来ます。

当院が新たに導入した最新型のトモセラピー・ラディザクトは、最先端の技術が複数搭載され、より体に優しい放射線治療を行える治療装置となっています。ラディザクトでは、従来のトモセラピーの特徴である「らせん(ヘリカル)照射」に加え、ダイレクト(固定多門)照射も可能です。ダイレクト照射により、胸部疾患(乳がん、食道がん、肺がんなど)へのより安全な照射が可能となりました。最適な照射法を選択することで、全身のあらゆる固形がんに対応することが出来ます。また、以前のトモセラピーでは一定だった照射ビームの幅を、コンピューター制御でダイナミックに変化させることで、不要な照射部分をさらにカットすることが可能となりました。技術の進歩に伴い、以前のトモセラピーと比較して、準備期間や治療時間の大幅な短縮が可能となり、高精度な治療をより少ない負担で行えるようになっています。

Tomo Therapy (Radixact)

トモセラピー・ラディザクト(TomoTherapy Radixact)の特徴

  • いびつな形状でも、周囲の正常組織を避けながら病巣の形に合わせた集中的な照射を行うことが可能です。
  • 複数の病巣や広い治療範囲であっても一度に治療することが出来ます。
  • 毎回治療直前にCTを用いて位置照合し、ミリ単位の高精度治療が可能です。
  • 高い治療効果が期待でき、副作用の少ない治療を行うことが出来ます。
  • ヘリカル照射に加えダイレクト照射も可能になり、最適な照射法を選択することで、全身のあらゆる固形がんに対応することが出来ます。
  • 生活の質を保ったまま治療を行うことが出来るため、外来での通院治療が可能です。日常生活の制約も少ないので、仕事を行いながら治療を行うことも可能です。
  • 公的医療保険での治療を行っており高額療養費制度も適応されます。
前立腺がんの治療例
乳がんの治療例
骨転移の治療例

トモセラピー・ラディザクト(TomoTherapy Radixact)の特徴

1.診察
診察を行いトモセラピーによる放射線治療が適切かどうか判断します。院外から受診されるときは、紹介状をお持ち下さい。追加の検査を行うことがあります。治療のスケジュールを決めます。
2.治療計画
専用の治療計画CTを撮影します。あわせて、診断用のMRIやPET-CTなども行うことがあります。部位によっては専用の固定具を作成することがあります。また、部位によっては排尿や食事のタイミングを工夫します。皮膚表面に治療時の目印となるマークをつけます。治療計画の作成のため、通常は1〜2週間の準備期間を頂きます。
3.治療
毎回治療の直前にトモセラピーでCTを撮影し、放射線治療計画通りの位置に標的を照合します。照射時間は数分程度で、からだで放射線を感じることはありません。放射線治療は基本的には月〜金の週5日間行います。放射線治療の回数や期間は、腫瘍や治療の内容によって異なります。
4.診察
放射線治療期間中は最低週1回の診察を行い、治療効果や副作用について確認しながら治療を進めていきます。
5.治療終了
治療効果や副作用について確認するため、原則として放射線治療終了後も定期的に通院して頂きます。必要に応じて血液検査や画像検査を行います。

診療実績

ガンマナイフパーフェクションについて

ガンマナイフパーフェクション
従来の脳外科治療では不可能と考えられていた脳深部の小さい腫瘍や脳動静脈奇形等の治療に効果を発揮している高度先進医療機器です。
 
半球状に配置された192個のコバルト60線源より放出されるガンマ線を虫眼鏡の焦点のように集め、脳腫瘍や脳動静脈奇形などの病巣部に照射し治療する放射線治療装置です。1本1本のガンマ線は線量が低いため周辺の正常組織への影響は少なく、外科的治療では困難な脳深部の病巣の治療に効果を発揮します。開頭手術はもちろん全身麻酔の必要もありません。
 
入院期間は数日間で済み、高齢の方でも安心して治療を受けることができます。

ガンマナイフパーフェクションの特徴(Leksell Gamma Knife Perfexion)

●治療計画の最適化・治療精度の向上
従来の4種類の交換式コリメータ(4mm、8mm、14mm、18mm)から3種類の内蔵式コリメータ(4mm、8mm、16mm)に変更されました。このシステムではコバルト線源は8つのセクターに分割され独立してコリメータの変更が可能です。つまり1つのアイソセンターに複数のコリメータを組み合わせアイソセンターの形状を変更することが可能です。これにより複雑な形状の病変に対して自由度の高い治療計画が可能です。
 
●治療領域の拡大
コリメータ容積拡大により頭部全体をカバーすることができるようになりました。既存のモデルと比較して、頭蓋底深部・頭蓋外側部も含め、頭蓋内のほとんどの部位で治療可能となりました。
 
●システムの完全自動化
オートマチックでの座標位置合わせとコリメータのサイズ変更により治療時間が大幅に短縮されました。それに伴い、多発性の転移性脳腫瘍など今まで治療時間が長くなりがちであった症例も、より精密な治療計画を立て、精度の高い治療を提供することが可能となりました。
 
●安全性の向上・放射線防護
CADを駆使した本体設計により、治療終了時にコバルト線源がoffポジションに隠されるため、治療中の患者様の被曝量が最小限となっております。体幹部における被曝量も、従来のタイプよりも低減されています。

ガンマナイフ適応疾患

  • 脳動静脈奇形(AVM)
  • 転移性脳腫瘍 聴神経腫瘍・髄膜腫 下垂体腺腫
  • 頭蓋咽頭腫・脊索腫・悪性リンパ腫 など
  • 脳腫瘍
  • 三叉神経痛

日高病院での症例数

ガンマナイフパーフェクションの治療の流れ

1.診察
紹介状・問診・診察にてガンマナイフパーフェクションによる治療が適切かどうか判断します。
追加の検査を行う場合もあります。通常は2泊3日の入院となります。
2.治療計画
頭部にフレームと呼ばれる器具を固定しCT・MRI・(血管病変の場合は血管造影)を撮影し治療計画を行います。
3.治療
頭部に固定したフレームをガンマナイフの装置に固定します。患者様は寝ているだけで位置調整は治療計画に従い自動で行います。治療時間は小さい病変で数十分、大きい病変や複数部位ある場合は1時間以上かかる場合もあります。
4.治療終了
頭部に固定したフレームを外して治療終了となります。治療当日はゆっくり休んでいただき翌日退院となります。

治療用照射装置出力線量の第三者機関による測定実施

当院では第三者機関による評価として、公益財団法人医用原子力技術研究振興財団が実施する測定評価を受けています。

 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る