本文へ移動

放射線療法

トモセラピー(Tomo Therapy)について

トモセラピーは、高精度放射線治療のひとつである強度変調放射線治療(IMRT)を行うために開発された治療装置です。ドーナツ状のガントリー内で小型のリニアック(放射線照射装置)が360度回転し、同時に寝台も移動することで、トモセラピーに特徴的な「らせん(ヘリカル)照射」が行われます。コンピューター制御でビームの照射線量に強弱をつけながら、コリメータと呼ばれる部分で細かくビームの形状を変化させることで、複雑な形状の病巣であっても、隣接する正常組織を避けて、病巣の形に合わせた集中的な照射を行うことが可能です。寝台が移動しながら連続照射するため、複数の病巣や広い治療範囲であっても一度に治療することが出来ます。また、毎回治療直前に、トモセラピーに搭載されたCTを用いて位置照合(画像誘導放射線治療;IGRT)を行います。治療計画と毎回の照射の誤差を最小限にし、ミリ単位の高精度治療を可能にします。病巣に精度良く高線量を照射することで高い治療効果が期待でき、正常組織の照射線量を低減することで、副作用の少ない治療を行うことが出来ます。
トモセラピ
Tomo Therapy (Radixact)
治療計画用ラージボアCT(Aquilion LB)

トモセラピー(Tomo Therapy)の特徴

  • CTを利用して治療直前にがんの位置を確認し、体の周囲を回転して照射することで複雑な治療が可能です。
  • さまざまな形・場所・大きさ・個数の病変に対応できます。
  • がんに集中して照射し正常組織の副作用を減らすことができます。
  • 治療は外来通院でも可能です。必要なときだけ入院治療も可能ですので医療費の節約にもなります。
前立腺がんの治療例
頭頚部がんの治療例
脳腫瘍の治療例

トモセラピー(Tomo Therapy)の治療の流れ

1.診察
紹介状・問診・診察でTomoTherapyによる治療が適切かどうか判断します。
追加の検査をおこなう場合があります。
2.治療計画
PET/CTまたは治療計画専用のCTを撮影します。がんの部位などにより、専用の固定具を作成する場合があります。体に治療時の目印となる印をつけます。治療の日程を決めます。計算のため数日かかります。
3.治療
治療範囲を確認するためのCT撮影で位置をあわせ、その後実際の照射になります。1回の治療は30分程度。体の負担を減らすために複数回に分けて治療します。原則的に月~金曜週5回。照射の回数やかかる時間は病気の種類などによって異なります。
4.診察
週に1回診察し、副作用の確認などしながら治療を進めていきます。
5.治療終了
治療効果を確認するため、PET/CTなどの検査を行います。

トモセラピー(Tomo Therapy)について、よくある質問

Q.どんな装置ですか?
Q.今までの放射線治療との違いは?
Q.どんながんでも治療できますか?
Q.医療費はどれくらいですか?
Q.入院は必要ですか?

ガンマナイフパーフェクションについて

ガンマナイフパーフェクション
従来の脳外科治療では不可能と考えられていた脳深部の小さい腫瘍や脳動静脈奇形等の治療に効果を発揮している高度先進医療機器です。
 
半球状に配置された192個のコバルト60線源より放出されるガンマ線を虫眼鏡の焦点のように集め、脳腫瘍や脳動静脈奇形などの病巣部に照射し治療する放射線治療装置です。1本1本のガンマ線は線量が低いため周辺の正常組織への影響は少なく、外科的治療では困難な脳深部の病巣の治療に効果を発揮します。開頭手術はもちろん全身麻酔の必要もなく、数分のガンマ線照射で治療が可能です。
 
入院期間は数日間で済み、高齢の方でも安心して治療を受けることができます。

ガンマナイフパーフェクションの特徴

●治療計画の最適化・治療精度の向上
従来の4種類の交換式コリメータ(4mm、8mm、14mm、18mm)から3種類の内蔵式コリメータ(4mm、8mm、16mm)に変更されました。このシステムではコバルト線源は8つのセクターに分割され独立してコリメータの変更が可能です。つまり1つのアイソセンターに複数のコリメータを組み合わせアイソセンターの形状を変更することが可能です。これにより複雑な形状の病変に対して自由度の高い治療計画が可能です。同時により少ないアイソセンター数で治療計画を作成することができるため治療時間の大幅な短縮に寄与しています。
 
●治療領域の拡大
コリメータ容積拡大により頭部全体をカバーすることができるようになりました。既存のモデルと比較して、頭蓋底深部・頭蓋外側部も含め、頭蓋内のほとんどの部位で治療可能となりました。
 
●システムの完全自動化
オートマチックでの座標位置合わせとコリメータのサイズ変更により治療時間が大幅に短縮されました。それに伴い、多発性の転移性脳腫瘍など今まで治療時間が長くなりがちであった症例も、より精密な治療計画を立て、精度の高い治療を提供することが可能となりました。
 
●安全性の向上・放射線防護
CADを駆使した本体設計により、治療終了時にコバルト線源がoffポジションに隠されるため、治療中の患者様の被曝量が最小限となっております。体幹部における被曝量も、従来のタイプよりも低減されています。

ガンマナイフ適応疾患

  • 脳動静脈奇形(AVM)
  • 脳腫瘍
  • 転移性脳腫瘍 聴神経腫瘍・髄膜腫 下垂体腺腫
  • 頭蓋咽頭腫・脊索腫・悪性リンパ腫 など
  • 三叉神経痛(保険適応外)

日高病院での症例数

ガンマナイフパーフェクションの治療の流れ

1.診察
紹介状・問診・診察にてガンマナイフパーフェクションによる治療が適切かどうか判断します。
追加の検査を行う場合もあります。通常は2泊3日の入院となります。
2.治療計画
頭部にフレームと呼ばれる器具を固定しCT・MRI・(血管病変の場合は血管造影)を撮影し治療計画を行います。
3.治療
頭部に固定したフレームをガンマナイフの装置に固定します。患者様は寝ているだけで位置調整は治療計画に従い自動で行います。治療時間は小さい病変で数十分、大きい病変や複数部位ある場合は1時間以上かかる場合もあります。
4.治療終了
頭部に固定したフレームを外して治療終了となります。治療当日はゆっくり休んでいただき翌日退院となります。
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る