本文へ移動

腫瘍センター

がんの「全人的医療」

腫瘍センターでは、がん患者様のライフスタイルを最優先に考えた「全人的医療」を目指しています。そのために、患者様の疾患に合わせて、診療各科の専門医と各部門が密に連携し、病初期の診断と積極治療に始まり、がん闘病後の療養支援や緩和医療まで、一貫した高度医療を提供できる体制を整えています。
 
「全人的」とは、人を部分だけではなく全体として捉えようとする姿勢・視点のことを言います。医療においては「全人的医療」という考え方があります。これは、生物的側面や疾患のみにとらわれず、社会面・経済面・心理面などの様々な視点からも捉えて、個々人に合った医療を行おうとするものです。

最先端のがん医療

腫瘍センターでは、「診断部門」、「治療部門」、「診療部門」、「診療支援部門」の組織横断的連携による集学的治療を推進しています。
診断部門
画像診断(PET/CT[写真1]、マルチスライスCT[写真2]、マンモグラフィ[写真3]など)・病理組織診断
治療部門
手術療法・放射線療法(トモセラピー(TomoTherapy)[写真4]、ガンマナイフ[写真6])・化学療法(外来化学療法センター)・温熱療法・免疫細胞療法
診療部門
通常診療・緩和ケア外来・セカンドオピニオン外来・がん何でも相談
診療支援部門
緩和ケア・がん相談支援センター、がん登録
特に、「治療部門」におけるトモセラピー(TomoTherapy)による前立腺がんへの放射線治療は、北関東では当院だけが行える技術です。
その他、より有効な診断・治療を推進するために、群馬大学病院、埼玉医科大学国際医療センターなどと、積極治療期において、密な連携を行っています。
低侵襲手術支援ロボット(ダヴィンチ)について
この度当院は低侵襲手術支援ロボット最新の「da Vinci Xi サージカルシステム」を導入いたしました。低侵襲ロボット支援手術は患者様の負担が少ない腹腔鏡手術と同様、いくつかの小切開部から、外科医の操作によって内視鏡・メス・鉗子を動かして行う内視鏡手術です。術者の両手の動きに対して、ロボットが手振れを補正しながら患者様の体内にある鉗子が動き、術者の意図のまま、より細かく緻密な動きを反映します。この緻密なまでの動きのおかげで、小さな紙で折り鶴を作ることもできるほどです。(動画参照)
画像診断設備
[写真1]PET/CT(2台)
[写真2]マルチスライスCT
[写真3]マンモグラフィ
放射線治療設備
[写真4]トモセラピー(TomoTherapy)
[写真5]治療計画用ラージボアCT
[写真6]ガンマナイフパーフェクション

がん治療の各専門医による、国際的なレベルの標準治療

現在、腫瘍センターでは、「乳がん」、「肺癌」、「胃がん」、「大腸がん」などの消化器系腫瘍と、「腎がん」、「前立腺がん」など泌尿器系腫瘍の患者様への治療を行っています。

キャンサーボード(Cancer Board)の開催

キャンサーボードとは、がん患者様の状態に応じた適切な治療を提供することを目的として医療機関内で開催される検討会です。
 
日高病院では、病院全体の腫瘍症例検討会として2010年8月からスタートし、月に1回ペースで開催。各診療科医師・放射線腫瘍医・画像診断医・病理医・研修医・診療放射線技師・ナース・病診連携担当者などの参加のもと、確定診断や治療方針に苦慮している患者様を取り上げております。

がん登録

腫瘍センターの機能の一つとして、がん登録があります。これは、がんの検査や治療を受けた患者さんの情報を集め、検査や治療の効果を確認するために、大変重要な機能です。当院では、院内がん登録のほかに、群馬県が行っている地域がん登録に参加しています。
地域がん登録件数
21年度
22年度
23年度
24年度
25年度
26年度
4月
23
  38
49
20
51
53
5月
25
46
59
27
53
39
6月
35
47
54
29
50
44
7月
53
27
52
40
57
44
8月
43
42
64
35
44
37
9月
42
37
54
51
54
16
10月
28
56
48
57
56
45
11月
71
84
55
68
55
41
12月
50
60
53
53
50
38
1月
65
52
50
43
40
45
2月
42
53
32
44
45
12
3月
40
53
36
50
50
6
517
595
606
517
605
420
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る