本文へ移動

放射線診断科

概要

放射線診断科は、CT, MRIおよびFDG PET/CTの画像診断レポートの作成を行っています. 専門分化した現代の医療現場にあって,画像を通して全身を見る事ができる画像診断専門医の立場から臨床各科の診療のお役に立てるように、質の高い診断レポートを迅速に提供出来るように努めています. 日高病院・日高クリニック以外にも、日高リハビリテーション病院などの日高会の関連施設,他病院や地域の開業医の先生から依頼された画像検査にも対応させて頂いています。また、診療放射線技師や看護師等のスタッフと協力しながら、各科の要望に応じて様々なIVR: Interventional Radiology(画像下治療)処置も行っています。
更に,院内レクチャーなどを通して、画像診断に関する研修医や病院スタッフへの教育にも力をいれています。

医師紹介

川島 実穂(かわしま みほ)


放射線診断科 部長
画像診断(CT・MRI)を担当しています。診療放射線技師ら現場スタッフと力をあわせ,より精度の高い検査・診断を目指したいと思います。
専門領域画像診断
認定医・専門医など
医学博士
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本乳癌学会乳腺専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医
 

山﨑 郁郎 (やまざき いくお) 

放射線診断科 主任医長
画像診断全般と脳・心臓以外のIVRを広く担当させて頂きます。直接患者様とお会いする機会は少ないですが、臨床各科の先生方の後方支援という形で患者様のお役に立ちたいと思います。
専門領域
画像診断全般,IVRの手法を用いた低侵襲の診断や治療(CTガイド下生検、各種塞栓術など)
認定医・専門医など
医学博士
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本核医学会核医学専門医
日本インターベンショナルラジオロジー学会専門医
臨床研修指導医
 

研修施設認定など

放射線科専門医修練機関(診断部門:東京医科歯科大学と連携)

診療実績

放射線診断科では、CT,  MRI,  FDG PET/CTの読影レポート作成を行っており、他施設からの検査依頼についても迅速に読影レポート報告をさせて頂きます。
また夜間・時間外の画像検査についても,遠隔で当直医師からの直接の画像コンサルトを受ける体制が整っています。

◆年間・読影レポート件数◆

2018年
2019年
2020年
CT
11031
10023
10852
MRI
3754
3543
3459
PET/CT
2207
2253
1938
他院画像
603
752
968
合計
17595
16571
17217

■ IVR: Interventional Radiology(画像下治療)

放射線診断科では各臨床科と協力して多彩なIVRを施行しています. また,去年度から診療看護師やその他のスタッフと協力して,X線透視下でのPICC(末梢挿入型中心静脈カテーテル)挿入を開始し,近く,CVポート挿入を含めた中心静脈ラインの挿入・管理を包括的に行えるように”PICCチーム”の立ち上げを検討中です。

◆年間・IVR件数◆

2018年
2019年
2020年
血管系IVR
2
12
10
CTガイド穿刺
8
38
35
PICC留置
0
0
65

血管系IVR

常染色体優性多発性嚢胞腎に対する動脈塞栓術

腎動静脈奇形(AVM)塞栓

副腎静脈採血

経頸静脈生検(TJLB)

CTガイド下穿刺(生検・ドレナージ等)

CTガイド穿刺

各種生検

膿瘍ドレナージ

CTガイド直接穿刺による右内腸骨動脈瘤塞栓術

対応可能なIVR治療(例)

当院では関連する診療科との協力の上で、以下のようなIVR手技が施行可能です.
☆各種の生検、ドレナージ術
☆副腎静脈採血
☆常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)に対する動脈塞栓術
☆悪性腫瘍に対する動脈塞栓術
☆全身の動静脈奇形(AVM)に対する塞栓術
☆内臓動脈瘤(腹腔動脈、脾動脈、腎動脈など)の塞栓術
☆BRTO:バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(胃静脈瘤,肝性脳症)
☆上大静脈・下大静脈ステント留置(悪性大静脈症候群)
 
全身の様々な疾患にIVR治療を行う事ができますので、IVR, 血管内治療が考慮される場合は、一度、以下にご紹介頂ければと思います。

連絡先:〒371-0001  群馬県高崎市中尾町886
医療法人社団 日高病院 放射線診断科 山﨑 郁郎
Email: i_yamazaki@hidaka-kai.com

 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る