腎臓外科
患者様ひとりひとりに最適な医療を提供
INFORMATION
腎臓外科について
人工透析・移植外科は、全国的にも珍しい透析用バスキュラーアクセス(シャント等)そして腎臓移植を専門としております。
われわれは腎臓内科とチームを組んで、腎不全治療を幅広く行っております。
 
当科では、透析患者様の命綱である、バスキュラーアクセス(シャント、人工血管)の作成、維持、管理に力を入れております。
さらにシャント・人工血管感染、閉塞のほか、瘤(こぶ)が気になったり、痛みが心配なかたもご相談ください。
当院での患者様はもちろん、他施設様で対応困難であった患者様、手術が不成功であった患者様や、セカンドオピニオンも実施しております。
当院での手術に当たっては、早期から使用可能で、そして長期使用可能な術式をこころがけております。またできるだけ疼痛が少なくなるよう努力しております。
 
また、手術のほか、バスキュラーアクセスに対する経皮的血管形成術(VAIVT,PTA)を積極的に行っております。こちらも疼痛が少なく、長持ちできるお手入れとしておすすめしております。
 
そして当科では腎不全患者様への腎移植手術を実施しております。現在月2件のペースで腎臓移植手術を行っており、全国的にも手術件数は多い施設となっております。ご興味のある方は御気軽にご相談ください。
自由設計・天然無垢材・低コスト実現
日高病院 腎臓病治療センターについて
日高病院 腎臓外科、腎臓内科、平成日高クリニック 透析室の3つのセクションが連携し、「腎臓病治療センター」として、総合的に、より効率的な医療を提供しています。
尿所見異常や腎機能低下から、腎代替療法が必要となる末期腎不全に至るまで、患者様の病状に合わせた最適な治療のご提案をさせていただきます。
各セクションが協力しながら、より良い転帰が得られるよう努めています。当たり前の治療が当たり前に行われることをモットーとし、医師を含め多職種で対話を重ね、患者さんと治療方針を共有できるように心掛けています。
研修施設認定
日本透析医学会専門医制度認定施設
日本腎臓学会研修施設
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医の取得が可能
日本内科学会 応談
日本移植学会 応談
東京女子医科大学 腎センター外科(現 板橋中央総合病院 腎臓外科)と提携し、最先端の治療をお届けできるよう日々努力しております。
腎臓外科 後期研修シニアレジデントについてはこちらから
腎臓病治療センターの取り組み
腎臓病治療センターのインタビュー記事の中で、腎臓病治療への取り組みやチーム医療についてわかりやすくご紹介しております
↑の画像をクリックすると新しいタブでPDFが開きます
TREATMENT
腎臓外科の治療について
長持ちするだけではなく、痛みを軽減し、穿刺が容易で失敗しにくく、止血が速く確実で、腫れが少なく、日常生活で気になりにくい。そのようなシャント手術を目指しています。
手術ではなく、血管に皮膚の外からバルーンを挿入し、狭いところで拡張する方法(PTAといいます)は、患者様の負担を軽減することから、近年急速に広まってきています。
腎臓移植は、慢性腎不全の治療法として唯一根治を期待できる方法です。そして生体腎移植は、遠い世界のお話ではなく、身近な治療法のひとつになりつつあります。
腎臓外科ではおもに、腎代替療法が必要となった患者様への治療や手術をおこなっています。
腎代替療法には「血液透析」「腹膜透析」「腎移植」の3つがあります。
治療にあたっては、腎臓内科や透析室と連携をしながら総合的におこないます。
● 腹腔鏡下腎臓摘出術
● 外科的腎疾患
● 腎泌尿器科鏡下手術
● 二次性副甲状腺機能亢進症
「血液透析」「腹膜透析」の治療全般については、【腎臓病治療センター】のページでご案内しております
腎臓外科のおもな治療や手術
その他 治療や手術
● 腹膜透析カテーテル挿入術
シャント関連手術
PTA(経皮的血管形成術)
生体腎移植
INFORMATION
腎臓外科 外来
腎臓外科の外来

 

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日

午 前



移植外来(再診)
完全予約制 9:00のみ

添 野
安藤 雅
渕之上
有 吉
添 野
有 吉

シャント外来
11:00~

添 野
安藤 哲
安藤 雅

有 吉
添 野
有 吉
午 後

移植相談外来
完全予約制
 14:00~

添 野

添 野

添 野

※移植相談外来とは腎臓をいただく方と腎臓を提供する候補の方が一緒に受診し、移植について説明を聞いて考えていただくための外来です。

※腎臓移植(生体腎移植、献腎移植)をご希望される方は、完全予約制となっています。
シャント外来予約方法
移植に関する外来予約方法
日高病院では、認定レシピエント移植コーディネーターをはじめ、4名のコーディネーターが常勤しています。コーディネーターは移植相談外来での面接、移植に向けての検査、入院中、移植後の定期通院をフォローしています。
日高病院  TEL:027-362-6201(代表)

受診前に必ずレシピエント移植コーディネーターに連絡をお取りください。
カルテ作成に必要な事項を伺った上で、予約を取らせていただきます。
1. 日高病院に電話をしてください
2. 「移植コーディネーターに繋いでください」とお話しください
3. 移植コーディネーターと相談の上、外来の予約をお取りください
お問い合わせについて
TEL:027-362-6201
日高病院  TEL:027-362-6201(代表)

1. 日高病院に電話をしてください
2. 「シャント外来受診希望」とお話しください
DOCTOR
所属医師 紹介
腎臓外科スタッフについて
私たち腎臓外科は、5人の腎不全専門スタッフで構成されています。5人全員が血液透析、手術、PTA、そして腎移植を専門分野としています。また、日高病院には腎臓内科の専門医師が10名常勤しており、同じ病棟にて密接に連携して業務にあたっております。

これにより、慢性腎不全患者さまの治療を疾患別ではなく、全身的な観点からよりよい治療をご提供することが可能となりました。日高病院腎臓外科では、全国的にも非常に多くの症例を経験しております。詳しくは「治療実績」にて、当科での症例数をご確認ください。
腎臓外科スタッフ紹介
添野 真嗣  Masatsugu Soeno
腎臓外科部長
出 身
東京都出身 群馬大学卒
専門領域
腎不全一般・血液透析・バスキュラーアクセス・腎移植
認定医・専門医など
日本透析医学会 専門医 指導医 評議員
日本外科学会 外科専門医
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医
日本移植学会 移植認定
臨床研修指導医
渕之上 昌平  Shouhei Fuchinoue
顧問
出 身
-
専門領域
外科・臓器移植(腎移植・肝移植・膵移植)・腎不全外科・人工臓器
認定医・専門医など
元東京女子医科大学腎臓外科准教授
日本透析医学会 専門医 指導医 元評議員
日本外科学会 専門医 指導医
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医 評議員
日本移植学会 移植認定医 代議員
久保 隆史  Tskeshi Kubo
血管内治療センター副センター長
腎臓外科部長
出 身
宮崎県出身 島根医大卒
専門領域
腎不全一般・血液透析・バスキュラーアクセス・腎移植
認定医・専門医など
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本心臓血管インターベンション治療学会認定医
日本移植学会 移植認定医
安藤 哲郎  Tetsurou Andou
院長補佐
外科系副診療部長
腎臓治療センター 副センター長
出 身
群馬県出身 山形大学卒
専門領域
腎不全一般・血液透析・バスキュラーアクセス・腎移植
認定医・専門医など
日本透析医学会 専門医 指導医 評議員
日本外科学会 外科専門医
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医
日本移植学会 移植認定
臨床研修指導医
有吉 勇一  Yuuichi Ariyoshi
腎臓外科医員
出 身
-
専門領域
血液透析・腎移植・泌尿器科全般
認定医・専門医など
日本泌尿器科学会 専門医
日本移植学会 移植認定医
森野 諄紀  Shunki Morino
腎臓外科医員
国内留学にて在籍中
出 身
-
専門領域
腎不全一般・血液透析・バスキュラーアクセス・腎移植
認定医・専門医など
-
間嶋 壮一郎  Souichirou Mashima
腎臓外科医員
出 身
-
専門領域
腎不全一般・血液透析・バスキュラーアクセス・腎移植
認定医・専門医など
日本内科学会認定内科医
小林 肇  Hajime Kobayashi
腎臓外科医員
当院腎臓内科より出向中
出 身
-
専門領域
腎不全一般・血液透析・バスキュラーアクセス・腎移植
認定医・専門医など
-
treatment results
治療実績
手術件数
2020年中に日高病院 腎臓外科において実施した手術件数 
総数:558件

2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年2021年
シャント作成術
(新規・再建含む)
227224221208240210288279
人工血管移植術
50869297125103103118
動脈表在化手術
573327811
カフ付きカテーテル
2822446155554737

PDカテーテル留置術
--153111011
副甲状腺全的+自家移植術
-1-1-21-
腹腔鏡下移植腎採取術
1214131318202322
生体腎移植術
1214141320202322
献腎移植
----2--1
 腎臓外科における手術の実施例
血液型不適合腎移植
糖尿病性腎症
手術件数の年次推移
PTA(経皮的血管形成術)
2020年中に腎臓外科の実施した透析アクセスに対するPTA(VAIVT)施術件数 
総数:2457件



PTA実施件数2457件
血管造影のみ143件
PTA件数の年次推移
腎移植


透析経由腎移植
先行的腎移植割 合
201120-
20126114%
201310217%
201410429%
201510429%
20166754%
201712840%
2018101050%
2019111252%
2020101357%
202181056%
群馬県内の実施件数
群馬県外からの実施件数
埼玉県
19名
福島県
1名
神奈川県
1名
日高病院では県内はもちろん、県外からも積極的に受け入れを行っております
腎臓外科の主要な学会・講演活動
原著論文
小腸動静脈奇形の治療に難渋した維持透析患者の 1 例
安藤 哲郎, 赤松 眞, 川瀬 友則, 山中 太郎, 伊藤 直記, 阿岸 鉄三, 安藤 義孝
日本透析医学会雑誌 Vol. 38 (2005) No. 12 1799-1804

バスキュラーアクセスの急性血栓性閉塞に対する Thrombuster IITMを用いた血栓除去術の有用性
安藤 哲郎, 赤松 眞, 川瀬 友則, 阿岸 鉄三
日本透析医学会雑誌
Vol. 38 (2005) No. 10 1635-1641

超弾性ワイヤーを用いた透析患者の陥入爪に対する矯正術の有効性
安藤 哲郎, 田丸 裕子, 石崎 さゆり, 才木 多恵子, 石田 秀岐, 関口 博行, 伊藤 恭子, 松尾 英徳, 安藤 義孝
日本透析医学会雑誌
Vol. 40 (2007) No. 9 775-780

Skype ビデオ通話による透析患者のバスキュラーアクセス遠隔診療
安藤 哲郎, 久保 隆史, 添野 真嗣, 石田 秀岐, 伊藤 恭子, 小林 充, 磯松 幸成, 高橋 修, 永野 伸郎, 安藤 義孝
日本透析医学会雑誌
Vol. 46 (2013) No. 3 399-403

長期留置カテーテルを挿入した内臓錯位症候群を呈する維持血液透析患者の 1 例:右上大静脈欠損,左上大 静脈遺残および下大静脈欠損例
安藤 哲郎, 岩淵 裕子, 溜井 紀子, 久保 隆史, 添野 真嗣, 小林 充, 町田 昌巳, 小林 大志朗, 塩野 昭彦, 伊藤 恭子, 筒井 貴朗, 永野 伸郎, 安藤 義孝
日本透析医学会雑誌
Vol. 45 (2012) No. 6 495-499
原著論文
2019年 日本腎臓学会東部学術大会 モーニングセミナー講師
土曜から早起き!知って納得シャントの全て
安藤哲郎
2019年透析VAIVT治療研究会 ランチョンセミナー講師
エコー下VAIVTと透視下VAIVTの選択
安藤哲郎
2018 年 透析学会学術総会 ランチョンセミナー演者
楽しく知ろう!透析用人工血管プロパテンとアキュシール
~どっちがいいの?そだねーin もぐもぐタイム~
安藤哲郎
2017 年 透析学会学術総会 教育講演ベーシック講師
腎移植の現状と将来の展望
安藤 哲郎
2016 年 透析学会学術総会 ランチョンセミナー演者
腎移植の新規立ち上げから次のステップへ
安藤 哲郎
2015 年 第 26 回日本サイコネフロロジー研究会 イブニングセミナー講師
あなたのシャント?私のシャント?
~今だからこそ!”良いシャント"について考えてみましょう~
安藤 哲郎
2014 年 第 41 回東北腎不全研究会 特別講演
シャントは高速道路 ~アクセス管理と PTA って何?~”
安藤 哲郎
2013 年 透析学会学術総会 イブニングセミナー講師
あらゆる病変にチャレンジ!~すすめマスタング!!~
安藤 哲郎
2011 年 透析学会学術総会 イブニングセミナー講師
スロンバスター2 による血栓吸引のピットフォール
安藤哲郎
2009 年 透析学会学術総会 イブニングセミナー講師
第一選択としてのコンクエスト
安藤哲郎
受賞歴 第 13 回日本アクセス研究会 優秀演題賞
グラシルの構造からみた日常管理とピットフォール
安藤哲郎
更新履歴
先行的腎移植の受入れを積極的におこなっております
QUESTION
治療や手術へのご質問について
ブログにて、腎臓外科の治療についてわかりやすく説明しております
腎臓外科の治療や手術は一言で説明するのは大変難しい内容です。
ご存知の方でも、意外と理解があやふやな方も多いのではないでしょうか。

そこで、日高病院腎臓外科では、詳しくお知りになりたい方のために、腎臓外科責任者主宰のブログを開設しています。どの教科書よりも簡単でわかりやすい内容となるよう工夫していますので、ぜひ参考にしてください。
また、ご質問などもこちらのブログから受け付けていますので、気軽にお問い合わせください。
透析やシャントについて、基本的なことから、トラブルやお悩みについての診断と治療をわかりやすく説明しております。
腎臓病全般についてのご相談は「腎臓病治療センター」へ
「腎臓病治療センター」では、腎臓内科・腎臓外科・透析室が連携し、健康診断での「血尿・尿蛋白」の数値が気になるという段階から、末期腎不全の状態まで、幅広い病状・ステージの治療を行っております。患者様の病状、生活や背景にあった治療のご提案や療法選択のお手伝いをさせて頂きます。
・腎臓病全般や治療についてのご質問
・ご不明な点やご不安なこと
お気軽にご相談ください。
お問合せ
医療法人社団日高会 日高病院
〒370-0001 群馬県高崎市中尾町886

[営業時間] 9:00-18:00 [定休日]土・日・祝
TEL.027-362-6201
TRAINING
後期研修シニアレジデントについて
はじめに
アクセスの評価、PTA、手術の習熟、ハイブリッド手術、長期留置カテーテル、シャント診察にセカンドオピニオン…当院ではアクセスのすべてを経験できます! 初めての方でも最初から手ほどきいたします。経験のある方も、症例の多い当院で腕を磨いてみませんか?

出身大学・医局・学年は問いません。外科系・内科系も関係ありません(当科の構成は内科:外科が1:1です)。期間は1年間からと考えて下さい。パート等での部分的な研修はお勧めしません。基本的に常勤での修練と考えて下さい。
豊富な症例を経験できる
症例数は全国トップクラス、研修期間内に多数の症例の経験を約束します!修練期間中の身分・収入についての不安は無用です。

透析学会専門医・指導医を御持ちでない方、修練期間内に取得ができるよう調整します。

腎移植のエキスパートへ
また同時に、腎移植の修練も可能です。当院では月1回程度の腎移植を行っております。スタッフ数に比して移植手術数が多いので、積極的に手術に参加できます。移植前外来から術後対応、免疫抑制剤の使い方、感染対策、移植腎生検、外来でのフォロー方法などについて学べます。

研修期間によりますが、臨床腎移植学会認定医・移植学会移植認定医の取得が可能です。
腎移植手術の1コマ
腎移植手術の1コマ
移植腎動脈に対してのPTA
移植カンファレンス
お待ちしております
そのほか、マラソン、テニスなど、勤務時間外でも楽しい研修となることをお約束します!とても楽しいチームですよ!もちろん、当院が気に入っていただければ修練後もそのままスタッフとして働いていただくことも可能です!
病院から30分圏内に有名コースがズラリ!群馬はゴルフ天国です。必ず上達できます!伊香保温泉も1時間かかりません。ぜひ遊びに来てください!
また高崎は東京から新幹線で50分と、居眠りする間もありません。当院は高崎駅から車で15分ほどのところにあります。高崎は街自体に活気があり、飲み歩きも楽しめます。ちなみに、雪はほとんど降りません!
取得可能な専門医・認定医
日本透析医学会:専門医
日本臨床腎移植学会:腎移植認定医
日本移植学会:移植認定医
メッセージ
研修された医師の方よりお声をいただいております
お問い合わせについて
見学は随時受け付けております。
皆様のご連絡お待ちしております。
TEL:027-362-6201(代表)
RECRUIT
当科では、
バスキュラーアクセス治療・腎移植の医師を募集しています
募集職種
透析、とくに腎不全治療全般(腎臓移植、シャント関連手術、PTA)に興味のある医師を募集します。
応募資格
熱意と理解があれば、内科、外科系および所持専門医は問いません。年齢・経験も不問です。基本的に常勤が可能な方優先ですが、非常勤としてでも相談可能です。採用については面接があります。
勤務内容
シャント関連手術、PTA、腎臓移植、および関連した腎不全治療全般。もちろん手技研鑽目的での勤務も可能です。関連専門医取得については相談可能です。
お問合せ
見学は随時受け付けております。
皆様のご連絡お待ちしております。