本文へ移動

総合診療内科

概要

総合診療内科では、どの診療科に受診したらよいか分からない患者さん、複数の健康問題をお持ちの患者さん、内科的急病で早めの診断と治療を必要とする患者さんなどを対象に、外来および入院診療を行っています。当科では患者さんを総合的に診療し、必要に応じて院内の専門診療科や地域の医療機関につなぐ役割も担っています。また、他の医療機関からのご紹介の患者さんでも、診療科の選定が難しい場合にはまず総合診療内科を受診していただいています。

特色・目標

当院の総合診療内科は、全員が「総合」を専門とする医師です。総合診療医はどのような症状や疾患にも対応し、未診断症例には速やかに正確な診断を行い速やかな治療を行うことができ、場合によっては専門医との連携を円滑に行うことができます。また、未病の状態の人のケアができ予防医療も行える医師でもあります。当科ではそのための複眼的な診断能力を徹底的に鍛えます。

医師紹介

石山 延吉

内科系診療部長、総合診療内科部長、病診連携室室長
専門領域
一般内科、病院総合診療、糖尿病、肥満、検査医学
認定医・専門医など

医学博士

臨床研修指導医

日本内科学会認定内科医

総合内科専門医・指導医

日本専門医機構総合診療専門プログラム特任指導医・統括責任者

日本糖尿病学会専門医

日本感染症学会ICD

日本臨床検査医学会臨床検査専門医

群馬大学医学部非常勤講師

 

大高 行博

総合診療内科主任医長、病診連携室副室長
専門領域 一般内科、病院総合診療、腎臓内科、人工透析、感染症
認定医・専門医など
医学博士
臨床研修指導医
日本内科学会認定内科医
総合内科専門医・指導医
日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医・学会評議員
日本専門医機構総合診療専門研修プログラム特任指導医・副統括責任者
日本化学療法学会認定抗菌化学療法認定医
ICLS・JMECCコースインストラクター
群馬大学大学院医学系研究科非常勤講師

益田 敬明

総合診療内科医員
専門領域 一般内科、病院総合診療、救急
認定医・専門医など
日本DMAT隊員

大舘 幸太

総合診療内科医員
専門領域 一般内科、病院総合診療、消化器内科
認定医・専門医など
日本内科学会認定内科医
日本内視鏡学会専門医

栗原 勇希

総合診療内科医員
専門領域 一般内科、病院総合診療
認定医・専門医など
 

並木 梓

診療看護師
専門領域  一般内科、救急、病院総合診療、臨床看護学
認定医・専門医など
看護学修士
診療看護師(クリティカル・ケア領域)
特定看護師(21区分特定行為)
日本救急医学会認定ICLSコース・インストラクター
生活習慣病予防ライフカウンセラー
 

総合診療内科 顧問

高橋 正樹

平成日高クリニック 院長
専門領域 一般内科、内分泌、甲状腺、糖尿病、肥満
認定医・専門医など
日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会研修指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
日本糖尿病学会専門医
臨床研修指導医
ICD制度協議会感染制御医師(ICD)
 

研修施設認定など

・日本内科学会認定医制度教育病院(旧制度)
・日本内科学会専門医制度専門研修基幹施設(新制度)
・総合診療専門医研修基幹施設(新制度)
・日本病院総合診療医学会認定施設

診療実績・業績

受入患者数の推移 *延べ数

2017年度
2018年度
2019年度
(2020年2月末時点)
一般外来患者数
3,007
4,415
3,754
救急搬送患者数
130
201
308
入院患者数
266
406
333
救急搬送後入院患者数
54
112
187

研究実績(2019年度)

【論文発表】
Otaka Y,Nakazato Y,Tsutsui T,Tamura J.Cardiac involvement in heavy and light chain amyloidosis:A casereport and literature review.Medicine(Baltimore).2019 Nov:98(46):e17999.
 
Otaka Y,Yukawa N,Yoshida Y,Tamura J,Tsutsui T.A folded-blister pill pack causes ileal perforation.Clin Case Rep.2019:00:1-2.
 
Otaka Y,Goda F,Nakazato Y,Tsutsui T.Systemic heavy-and light-chain amyloidosis persenting nephrotic syndrome and congestive heart failure:a case presentation and literature review.Anyloid.2019.sup1:95-96.
 
【学会発表】
湯川奈緒子,大高行博,益田敬明,高橋正樹,石山延吉.シタグリプチン服用中にRS3PE症候群を発症した2例.第20回日本病院総合診療医学会学術総会.2020年2月(福岡)
 
吉田裕一,大高行博,須永悟,筒井貴朗.C3腎症の一例.第20回日本病院総合診療医学会学術総会.2020年2月(福岡)
 
大高行博,中島春乃,土屋洋平,須永悟,星綾子,溜井紀子,永野伸郎,筒井貴朗.保存期慢性腎臓病における経口亜鉛補充療法は赤血球造血刺激因子製剤の必要量を減らす.第49回日本腎臓学会東部学術大会.2019年10月(東京)
 
大高行博,落合亮,中里洋一,田村遼一,筒井貴朗.機能的片腎に対する左副腎腫瘍の進展から腎後性腎不全を来した進行浸潤性乳管癌の1剖検例.第19回日本病院総合診療医学会学術総会.2019年9月(佐賀)
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る