固定チーム継続受け持ち+バディ制チームナーシング
固定チーム継続受け持ち+バディ制チームナーシングとは
1つの病棟を2つのチームに分け、各チームリーダー・サブリーダーのもとプライマリーナースを中心にチーム全体で一定数の患者にケアを提供する看護方式です。日勤はバディ制とし、常に看護師2人が組になってお互いの特性を活かし助け合いながら、患者に安心で安全な質の高い看護を提供するシステムです。
看護師にも患者にも安心のバディ制チームナーシング
看護師のメリット
・お互いの知識や技術の補完ができる。
・記録入力とケアの同時進行で効率性をアップ
・1人が急変に対応しても途切れることなく受け持ち患者の対応 
   が可能
・看護技術面でのインシデントが減り、安全な看護ができる。
患者のメリット
・患者さんからの要望をタイムリーに提供することが出来る。
・担当の看護師がだれなのかわかりやすい
・看護師と患者さんの間に信頼関係を築きやすい
・患者さんの変化にいち早く気づくことが出来る。
新人看護師も安心
・バディ制なので、常に看護師が2人で安心。
・先輩の技術を見て学べる。
・知識や技術だけでなく、患者さんやご家族への対応など
 その場で学べる。
・わからないこともすぐに聞いて解決できる。
勤務環境の改善
・迅速で安全、質の高い看護提供ができる
・情報共有のため、看護師間の
 コミュニケーションが活発になる
・互いに学び、スキルアップを図ることができる
勤務形態 1日の流れ
日高病院の勤務形態
病棟 日勤・長日勤・夜勤
外来 日勤・外来当直
勤務形態ごとの看護師の
仕事内容をご紹介します
8:30~17:30
8:30~21:30
20:30~9:30
17:30~8:30
1日の流れ 【 日勤】
8:30~17:30
8:30
・出勤
・二人で情報収集を行い、情報の共有を行う
・点滴を確認、準備
8:55
・全体申し送り
9:00
・申し送り後各自ペアで行動を行う (検温担当と記録担当)
・検温
・指示受け
・環境整備
・検査や処置
・補正
・血糖測定
・ケア
・インスリン投与
11:00
・昼の内服・経管栄養をペア間で確認し投与する
・午前中の業務をリーダーに報告する
11:30~13:30
・交代で休憩:長日勤が先に休憩(ペア間で調整)
14:00
・残っている業務をペアごとに付箋に書き、ホワイトボードに貼る
(内容は詳細に記載する。夕の点滴が多い時はリーダーに伝える)
・リシャッフル:残務を調整して各グループへ振り分ける
14:05
・カンファレンス
14:20
・受け持ち患者の体位交換、オムツ交換
・リシャッフル後のメンバーで残務や入院の受け入れ
15:00
・長日勤への申し送り
・医療看護必要度評価 入力・記録
・夕分の抗生剤を確認しミキシング
16:30
・点滴の実施
・残務をリーダーに報告
17:30
・終了
1日の流れ 【 長日勤 】
8:30~21:30
8:30
*カンファレンスまでは日勤とペアで業務を行うため同様の業務(詳細は日勤業務参照)
14:05
・カンファレンス
・受け持ち患者の体位交換、オムツ交換と状態確認
14:20
・情報収集
・経管栄養、内服薬の準備
・夕食/眠前の内服薬のダブルチェックを行う
15:00
・休憩(30分)
16:00
・日勤責任者から長日勤4名(または長日勤3名+準夜勤1名)申し送り
16:30
・重症、要観察患者を長日勤全員で共有する
・責任者から金庫の鍵をダブルチェック後引き継ぐ
16:40
・巡視、検温
17:30
・準夜勤者とインスリン確認
・経管栄養投与開始
18:00
・配膳、食事介助、配薬、下膳、口腔ケアなどを行う
20:00
・眠前の内服、注射薬の確認、投与を行う
20:30
・巡視、夜勤者と共に担当患者への挨拶を行う(ポンプチェック)
20:45
・体位交換、オムツ交換を長日勤者、夜勤者(準夜勤者)で行う
・必要な患者の申し送りを行う
21:00
・医療看護必要度の変更を入力
・記録の記載を行う
21:00
・終了(残務は夜勤者、準夜勤者が補完できるように調整する)
1日の流れ 【 夜勤 】
20:30~9:30
20:30
・全体申し送り
・巡視、長日勤と担当患者への挨拶を行う
20:45
・体位交換、オムツ交換を長日勤 準夜勤者 夜勤者で行う
・必要な患者の申し送り
21:00
・消灯(長日勤者の残務を引き継ぐ)
・必要な患者の申し送りを受ける
21:30
・情報収集、指示簿の確認、申し送り内容の確認
・チームの受け持ち患者の採血、検査の確認
・検査表の作成、助手さんへの検査表の準備
・経管栄養、朝食の内服薬のダブルチェックを行う
・血糖測定表の確認
・翌日のワークシートの準備を行う
23:00
巡視(点滴確認、患者の状態により検温)
24:00
・医療看護必要度の評価 入力
1:00
・体位交換、オムツ交換など
1:30
・交代で休憩(1時間)、仮眠
2:00
・巡視(点滴確認、必要時バイタル測定)
・清拭車の準備を行う
5:00
・体位交換、オムツ交換、吸引などの実施
6:00
・検温、経管栄養の実施
7:00
・血糖測定、採血(早番に依頼しても良い)
8:00
・インスリンはダブルチェックで確認する(夜勤者同士か早番と)
・朝食の配膳、食事介助、配薬、口腔ケア
8:55
・全体の申し送り
・残務をリーダーに報告する
9:30
・終了
1日の流れ 【 外来当直 】
17:30~8:30
17:30
・始業
1.外来ナースステーションにて夕礼
 ・日勤者からの引継ぎ
 ・ハイリスク役の引継ぎ
 ・診療中の患者や来院予定患者などの申し送りを受ける
2.外来の診療介助、看護(自家用車来院患者)
 ※トリアージを行い、診療の優先度を決定する
3.救急車の受け入れ
4.記録の記載
 ※合間に休憩を交代でとる
8:20
・診療中の患者や日中の外来再診の場合は、日勤の看護師に申し送りや引継ぎを行う
・朝礼
8:30
・終了