本文へ移動

内科・総合内科専門医コース

プログラムの目的と特徴

研修の到達目標は、内科医として全般の検査、診断および治療手技の習得です。内科全般の研修では、初期研修で経験した一般内科診療で頻度の高い救急疾患およびcommon diseaseについての診察・検査・診断・治療・管理等・基本をさらに確実に理解習得し、そのための一般内科および救急診療に必要な診療技術や知識を総合診療科、循環器、呼吸器、消化器、リウマチ内分泌・代謝、神経疾患等をローテートしながら習得する。
 
後半の研修は、より専門性を高めた糖尿病治療、腎疾患治療、癌治療(化学療法)、リウマチ治療等の専門知識や診断能力の習得を目指し、また同時に学会活動にも積極的に参加をすることで、認定内科医・総合内科専門医取得に必要な研究、論文発表を行うことを目標とします。

年次別内科研修カリキュラム

後期研修1年目

1年間を通して総合診療科、循環器、呼吸器、消化器、リウマチ、内分泌・代謝、神経疾患等を含む研修を行い、初診患者の病歴・所見の判断結果から、的確な検査および診断・治療が行えるようにする。更に患者自身・家族等に適切なインフォームドコンセントが実施できるようにする。
また、指導医のもとで、ファーストコール、オンコール体制を経験する。
認定内科医取得

後期研修2年目

基本的には1年目と同じ研修内容となるが、より自立して行うことを目指す。

後期研修3年目

総合内科専門医として要求される診療全般について、自立して行えるようにする。
更に学会等に積極的に参加し、学会発表、論文発表等の準備、または実際に発表・投稿を経験する。

後期研修4年目

糖尿病治療、腎疾患治療、癌治療(化学療法)、リウマチ治療等いずれかの専門分野を選択し、1年を通して専門的治療を経験する。
学会等に積極的に参加し、学会発表、論文発表等を実際に行う。

後期研修5年目

糖尿病治療、腎疾患治療、癌治療(化学療法)、リウマチ治療等いずれかの専門分野を選択し、1年を通して専門的治療を経験する。
自施設での診断や、治療成績を検討した臨床研修を、学会・論文等に発表する。

後期研修6年目

糖尿病治療、腎疾患治療、癌治療(化学療法)、リウマチ治療等いずれかの専門分野を選択し、1年を通して専門的治療を経験する。
自施設での診断や、治療成績を検討した臨床研修を、学会・論文等に発表する。

指導医

総合内科専門医
成清 一郎、根岸 真由美、土岐 譲、古賀 敬史、筒井 貴朗
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る