本文へ移動

地域医療支援病院

日高病院は、群馬県知事より、
平成17年4月に「地域医療支援病院」の指定を受けています。

地域医療支援病院とは?

地域診療所の医療機関(かかりつけ医)で診察を受けている患者様が、詳細な検査や入院、手術などの専門的な医療を必要と判断された場合に、適切な医療を提供することを目的に県知事の承認を受けた病院を「地域医療支援病院」といいます。
 
地域の医療機関(かかりつけ医)と病院が、お互いに協力しあい地域の皆様によりよい医療サービスを提供できる体制(地域医療連携)を構築、推進する病院です。
 
地域医療連携とは、地域社会の中にある医療機関が患者様に、より良い医療サービスを効率的に提供するためにそれぞれの機能や特色を活かして適切な役割分担と相互の信頼関係に基づき、地域社会全体で患者様の健康を支える仕組みです。
 
当院では病診連携室を開設し、さまざまな症状の患者様に対して「かかりつけ医」の先生方から専門の医療機関への道筋が明示されたネットワークを地域全体で築くことが、地域の皆様方の安心につながるものと信じております。

地域医療支援病院の役割

①紹介患者様に対する医療提供

他の医療機関から紹介された患者様に対し、医療を提供する紹介制を原則としております。(かかりつけ医の先生から紹介状を頂いてください)

②病院の設備等の共同利用

CTやMRI等の医療機器の共同利用など、他の医療機関の医師等が当院の設備を利用できます。

③救急医療の提供

24時間体制で救急医療を提供しています。

④地域の医療従事者に対する研修の実施

臨床能力の向上を図るための研修会や講演会を開催しています。

患者さまへ

①紹介予約制

診察をお受けいただくには、原則として紹介状が必要となります。救急患者様を除いて、原則として地域の医療機関から紹介された患者様について診療する紹介制を導入しています。紹介元医療機関はもちろん、紹介状をお持ちの患者様本人からの電話予約も受け付けております。

②逆紹介

「かかりつけ医」の先生をお教え下さい。患者様は、当院での診察・検査、退院をした後に症状に応じて適切な地域医療機関へご紹介を行います。また、玄関先に地域別に連携をとらせて頂いている診療所のパンフレットを掲示してありますので、参考にしてください。
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る