本文へ移動

病理診断科

概要

病理診断科では患者さんから採取された組織や細胞を顕微鏡で観察して、病気の診断を行っています。この病理診断は特にがんの診療にとって重要であり、がんの種類と悪性度を決定するとともに、治療法の選択、進行度の判定、予後の推定などに役立っています。病理診断は学会で認定された病理専門医と細胞検査士が担当しています。

医師紹介

中里 洋一

病理診断研究センター長
専門領域 がんの病理診断、脳腫瘍病理学、神経病理学、人体病理学
認定医・専門医など
日本専門医機構認定病理専門医
日本病理学会病理専門医研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本臨床細胞学会教育研修指導医
死体解剖資格認定
 

清水 絹恵

医員
専門領域 人体病理学、腎病理学
認定医・専門医など
 
 

研修施設認定など

  • 日本病理学会認定研修施設
  • 日本病理学会専門医制度専門研修連携施設
  • 日本臨床細胞学会認定施設

その他

病理業務実績

病理診断科のスタッフ

  常勤病理医2名、非常勤病理医2名
  検査技師6名(うち細胞検査士4名)
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る