本文へ移動

腎臓内科

概要

腎臓内科では
①蛋白尿・血尿など尿所見異常や腎機能障害に対する検査・治療
②血液透析・腹膜透析療法の導入
③透析をすでに受けている方の合併症治療
を3本柱として診療しております。
 
糸球体腎炎が疑われる症例に対しては、腎生検を行い病理組織診断を確定します。ステロイドホルモンや免疫抑制剤などを用い、適切な治療を心がけています。IgA腎症に対する扁桃摘出+ステロイドパルス療法も行っています。
 
慢性腎臓病症例(ステージ3以上)に対しては、腎臓病学習入院をお勧めしています。腎機能障害の進行速度を抑えるよう、食事療法など日常生活の見直しと厳格な血圧管理を行います。サポートチームが、患者さんと寄り添いながら治療を進めていきます。
 
不幸にして末期腎不全となった場合には、時期を逸することなく透析療法を開始します。
透析施行中の方の全身合併症に対しても、他科と協力しながら治療を行っております。

医師紹介

筒井 貴朗

腎臓病治療センター長、腎臓内科部長
専門領域 腎臓内科・人工透析
認定医・専門医など
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
臨床研修指導医
身体障害者福祉法指定医(内科)
 

武藤 重明

腎臓病治療副センター長
専門領域 腎臓内科・人工透析
認定医・専門医など
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会指導医

大高 行博

主任医長
専門領域 腎臓内科、人工透析、糖尿病
認定医・専門医など
医学博士
臨床研修指導医
日本内科学会総合内科専門医
臨床研修指導医
日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医
日本専門医機構総合診療専門研修プログラム特任指導医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
身体障害者福祉法指定医(内科)
日本救急医学会認定ICLS・BLSコースインストラクター
JMECCインストラクター(日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)
群馬大学大学院医学系研究科総合医療学非常勤講師
 

星 綾子

医員
専門領域 腎臓内科、人工透析
認定医・専門医など
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医・指導医
身体障害者福祉法指定医
臨床研修指導医
 

矢崎 綾香

医員
専門領域 腎臓内科・人工透析
認定医・専門医など
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医
 

須永 悟

医長
専門領域 腎臓内科・人工透析・シミュレーション教育
認定医・専門医など
日本内科学会認定内科医
ICLSディレクター
JMECCディレクター(日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
認知症サポート医
ICD(Infection Control Doctor)
 

土屋 洋平

医員
専門領域 腎臓内科・人工透析
認定医・専門医など
日本内科学会認定内科医
 

中島 春乃

医員
専門領域 腎臓内科・人工透析
認定医・専門医など
日本内科学会認定内科医
 

舘山 夢生

腎臓内科医員
専門領域  一般内科、消化器内科
認定医・専門医など
 
 

研修施設認定など

  • 日本透析医学会専門医制度認定施設
  • 日本腎臓学会研修施設

腎臓病教室について

日高病院では、腎臓病やその治療について学んでいただくため、毎月1回無料で腎臓病教室を開催しています。
医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士・医療相談員などが、季節やその時々の特集に合わせた内容をお話ししています。
患者さんやご家族の心の拠り所となれるよう、また、楽しんで学んでいただけるよう心がけています。
詳細は、日高病院ホームページトップの最新情報、または担当医の「ブログ腎臓病教室へようこそ」を
ご覧ください。

その他

地域の先生方へ

慢性腎臓病(CKD)は、早期に発見して適切な診断と治療を開始することで、その予後は大きく異なります。尿異常は比較的簡単に発見できる所見であり、腎機能異常が出現する前に専門医にご紹介いただき、早期診断・その後の長期治療を協力して行っていきたいと考えております。慢性腎臓病が進行した方の治療についても、医療連携で情報共有しながらレベルの高い地域医療を目指したいと思いますので、宜しくお願い致します。

慢性腎臓病(CKD)とは

『蛋白尿などの腎障害の存在を示す所見もしくは腎機能低下が3カ月以上続く状態』のことをいいます。
 1.脳梗塞や心不全・心筋梗塞などを発症する危険性が上昇する
 2.日本のCKD患者数は1330万人で、成人8人に1人の国民病
 3.進行すると透析や腎移植が必要になる
 4.生活習慣の改善・適切な治療により、進行を遅らせることが可能といわれています。
腎臓病に対する治療はできるだけ早い段階から開始する必要があります。しかし自覚症状に乏しく、必ずしもその重要性が十分に理解されておりません。あとになって『あの時しっかり治療をしておけば・・・』と思うのが慢性腎臓病の特徴といえます。

透析新規導入患者数・腎生検実施件数

血  28年度   29年度  30年度            腎   28年度   29年度   30年度
液   106人      131人     138人            生    27件     35件    50件 
透                            検
析 
 
腹  28年度   29年度  30年度
膜     4人      3人    4人

透析科 常勤医師募集

応募資格:透析治療に興味と理解のある医師。所有専門医は不問。ただし経験者、透析専門医所有者は優遇します。
勤務内容:外来透析を中心とした管理等 応相談
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る