本文へ移動

研修医の声

 
村場 祐司 先生
循環器内科
後期研修3年目
出身大学:産業医科大学

初期研修は鹿児島の市中病院で行い、後期研修から日高病院の循環器内科で研鑽を積んでいます。当院を後期研修先に選んだのは、初期研修医時代に知り合った循環器内科部長の古賀先生が当院に赴任される際に、「一緒にやらないか」と誘っていただいたからです。
 
日高病院は、ここ数年で救急患者数が増えるなど、地域ニーズに応えるため急性期医療の充実に向けて発展し続けています。循環器内科は2012年に開設したまだ新しい診療科で、活躍できる場は多く、若手にもチャンスをたくさんいただけるのが魅力です。もちろん専門医取得に必要な症例数も十分に経験することができます。
 
私は現在、病棟、カテーテル検査・治療を主に、外来、そして救急対応と、循環器内科医として幅広い知識・技術を習得しながら、腎臓内科でシャントオペも学んでいます。当院は学びたい医療を希望すれば専門診療科を超えて経験することができ、専門研修と並行しながら自分が希望するサブスペシャリティー領域をしっかり研鑽することができます。
 
さらに女性医師が多いのも当院の特徴で、それは働きやすさの表れでもあると思います。院内の雰囲気は非常にアットホームで、日高病院は働く環境としても最高の場所です。
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る