本文へ移動

腎臓内科・腎臓外科・透析専門医コース

プログラムの目的と特徴

本プログラムは、日本透析医学会専門医取得から、臨床における腎不全治療のエキスパート養成を目的としております。対象は後期研修医ですが、既に内科・外科・泌尿器科専門医を取得している医師、他科において経験を積まれたのちに新たに腎臓分野でエキスパートを目指す医師も歓迎します。
 
当グループは、日高病院を中心とした群馬県における腎臓病の総合治療施設です。現在、慢性腎臓病治療、透析導入から維持期および合併症、アクセスなどの外科治療、そして腎臓移植治療を同一病棟において行っている全国的にも珍しい環境にあります。腎臓内科医、腎臓外科医さらには泌尿器科医・循環器専門医が密接に連携した医療をおこなっており、研修においては多分野にわたる腎臓病治療を幅広く体得する事が可能です。
 
当グループには約1,000名の透析患者が在籍し加療を行っております。また日本透析学会専門医が10名以上常勤しており、日々の治療と指導にあたっています。表に示したように、内科および外科分野の非常に多くの症例を体験する事が可能です。このほかにも、安全な中心静脈からの透析用カテーテル挿入や慢性腎臓病の外来治療、維持透析業務の体得、地域医療、一般の方への腎臓病教育など幅広い分野を経験できます。このほかにも、糖尿病学会専門医や臨床腎移植内科専門医取得なども可能です。また、研修終了後の就職や研究などにおいても相談し、柔軟に対応いたします。

研修コース

腎臓内科エキスパート養成コース
内科学会専門医  腎臓病学会専門医  透析学会専門医
腎臓外科エキスパート養成コース
外科学会専門医  透析学会専門医  臨床腎移植学会外科専門医  腎臓病学会専門医
透析療法エキスパート養成コース
内科学会専門医  透析学会専門医  透析学会指導医  腎臓病学会専門医

指導医

指導医
安藤 哲郎
筒井 貴朗
伊藤 恭子(平成日高クリニック)

特色

腎臓内科および腎臓外科が同じ病棟で業務してひとつのチームを形成している。内科エキスパートコース研修中にも多くの手技・症例を腎臓外科スタッフと研修可能です(逆も同様)。また、内科系外科系コースを問わず透析業務研修が可能です。
 
東京女子医科大学腎臓内科、同外科の関連施設であることから、密接な関係にあり、当院での研修中・研修修了後の大学病院への就職・留学も容易です。
 
非常に多くの腎臓病・腎不全症例を体験できる、いわば腎臓病common-diseaseの宝庫です。当院の外科、整形外科、泌尿器科、心臓血管外科などの協力で、ほとんどすべての透析患者の合併症を院内対応することが可能です。グループ全体で約1,000名の透析患者が在籍しており、透析関連の研究も盛んです。また、若手主体のスタッフであり、何事にも柔軟かつ迅速な対応が可能です。
 
当院の腎臓内科・腎臓外科は非常にアットホームで明るいチームです。見学は随時受け付けております。群馬県は、県外の方には印象が薄い地域ではありますが、実際は穏やかな気候と暖かい人柄で住みやすいところです。東京まで一時間ほどのところにあり、交通の便が非常に良く近隣には観光スポットが多数存在します。スタッフもアウトドアスポーツ好きが多く、和気あいあいとやっております。また当院では女性支援・子育て支援を積極的に行なっておりますので、こちらも遠慮なくご相談ください。
 
不明な点はお気軽にメール(kanri@hidaka-kai.com)でお訪ねください。連絡を心からお待ちしています!

腎臓内科・腎臓外科の実績

25年度
26年度
入院患者数
1541
1833
新規透析導入患者数
103
109
透析関連手術件数(計)
1168
1347
内シャント手術件数
214
262
人工血管移植術件数
55
78
上腕動脈表在化件数
4
3
長期カテーテル留置件数
34
17
生体腎移植術
12
17
腹腔鏡下移植用腎採取術(生体)
12
17
内シャント血栓除去術、PTA件数
787
893
その他手術
50
60
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る