本文へ移動

後期・専門医(シニアレジデント)研修について

専門的な診断・治療から、
医療連携の方法まで、地域医療の中核で
幅広い知識や技術を身につける。
現在、医師に求められる技能や果たすべき役割は、高度の専門的な診断・治療に加え、チーム医療でのリーダーシップの発揮、患者や家族、医療スタッフとのコミュニケーション能力、地域医療連携の方法、リハビリや介護に関する知識など多岐にわたります。
当院のシニアレジデント研修(後期研修)は、初期臨床研修を終了し臨床の基礎を学んだ医師の他、それぞれの診療科である程度の研鑚を既に積んで来られた医師をも対象として、地域医療支援病院という環境において、各コースに求められる 急性期医療、専門的診療について効率よく経験するとともに、臨床医として幅広い知識や技術を身につけることを目的としています。このため、関連病院や大学病とも連携した研修プログラムを作成しています。
 
当院は地域医療支援病院、災害医療拠点病院の指定をうけており、救急医療、専門的治療や検査紹介の受け入れ、地域医療の質向上のための研修会の開催のほか、大規模災害時の拠点病院としても地域医療の中核を担っております。
 
当院の理念「美しく健やかな暮らしを社会に」のもとに、有意義な研修をされることを心より希望します。

※専門医制度については、変更があることがあります。
一般財団法人 日本専門医機構のホームページをご確認下さい。
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る