本文へ移動

病院長メッセージ

医師を志すみなさんへ

新しい初期臨床研修制度は偏りのない臨床経験を学習できる画期的なシステムですが、各科ローテーションが短期間であることから、研修医と指導医が医師としての高い倫理観と、患者に対しての責任を持ちながら、よりよい研修カリキュラムをともに作り上げていく姿勢が非常に重要であると考えています。
 
当院は、平成9年3月地域災害拠点病院に指定され、平成17年度より地域医療支援病院に認定されました。この二つの資格は、地域医療における社会的貢献に責任を持つことを意味しています。
 
したがって、当院では地域の多様な救急患者及び紹介患者を数多く受け入れるために各科の医師が日々研鑽を積んでおります。当院のプログラムは、救急医療からプライマリ・ケアまでの幅広い症例を経験しながら指導医とともに学習し、誠実な医療を提供できるような基本的臨床能力の獲得を目的としています。
 
研修医と指導医が地域医療の最前線で診療にあたり、結果として幅広い基本的な臨床能力(態度、技能、知識)を身に付けるとともに、さらには後期研修で専門性を高め、地域の方々に信頼される医師になることを期待しています。
 
美しく健やかな暮らしを社会に。
HIDAKA-KAI GROUP
医療法人社団日高会日高病院 All Rights Reserved.
 
TOPへ戻る